イタにち日記。

イタリアでの生活、外から考える日本のこと、感じたことをつれづれ書いています。   何よりも数年後の自分自身がこの感覚を忘れないように。

車の事故処理のその後


スマホから書いているので、

意図していないところが大文字になりますが

全てフラットで読んで頂けたら幸いです。


ところで、6月に起きた私の事故。


修理屋さんも夏休みなっちゃうし、

私も車を使う旅行も予定しているし、

焦るに焦る。

そんな私の焦りをよそにとにかく

時間がかかるかかる。


私のイタリア語だとナメられるので

友人に協力してもらって

保険会社をプッシュし、待つ事1ヶ月。

私の過失ゼロが認められ、

そこから修理始まり、

全て完了したのは事故日から1ヶ月と10日だった。


加害者が100%悪かったので

揉めることもないのに、

第三者の鑑定が必要だの、

その第三者からの書類が届かないだの、

社内手続きに1週間かかるだの、

日本の大会社みたいな言い訳するなよと思いながらヤキモキし、

それでも車を取りに行った時は

ちょーーー嬉しくて、

修理屋のおじちゃんと握手して別れた。


これがイタリアなんだな。


でも、まだ部品が1つないのだけど。


今回学んだ&友人からの助言は、

すぐに弁護士を見つけ、

その人を通して全て行うこと。

費用も保険でカバーできる(らしい)し、

弁護士が言うと早いらしい。


あと、この国では時間がかかることが

当たり前だからか、

イタリア人には私の焦りを

なかなか共感してもらえなかった。


諸々遅いけれど、結局イタリア人て

皆んなとても親切で、

言葉は理解できても慣習がわからない中で

何をしたらいいのかが分からない。

そんな時も、修理屋さんに直接行ったら

クレオパトラみたいな

女性がすごく親切に助けてくれた。


どこかが痛いとか言って、

慰謝料も取れるのにという話もあった。


確かに、

マジで私は不便を被ったのみで腹立つけど、

色々不幸中の幸いがあったことと、

怪我することなくこの国で

また新たな経験ができたので

良しとしよう思う。




ドイツのサウナにヒジャブを想ふ。

夏真っ盛りのイタリアで、

日付とは何の脈絡のない、ずっと書きたかったことを。


だいぶ前のこと。

夫がドイツ出張の時に、

ドイツのサウナに現地在住の人に

連れられて行ったらしい。


ドイツのサウナ、

とドイツと言えど広いので一概に言っていいか

分からないが、全員ヌードで入るサウナだったようだ。

混浴で。


そこには沢山の一糸身に纏わない男女たちが

SPAを楽しんでいて、

夫曰く、入る前の心配をよそに、

何十人もの人がその姿でいると

何とも思わないものだったらしい。


現地在住の人も慣れるよ、と言いつつも

現地に住む日本女性にとっては

なかなかハードルは高いらしい。


と言う話を聞いて、

なるほど、そういう世界があるんだなぁ、

でも、やっぱり私には上は取れても

下は無理だろうなぁ…

なんて思い巡らせていると、

ふと、

ムスリムの女性たちのヒジャブって

こういう感覚なのかな??と思った。


身に付けなくてもいい社会がある。

でも、小さな頃からずっと隠すように

言われ教えられ続けてきたものを

社会が違うからと言って、

取ることはできないのではないか。

もちろん、私のパンツと違って

ヒジャブには宗教的な意味があるので

全然違うものなのだけど。


日本よりも遥かに日常的に

ヒジャブを身に付けた女性を見るミラノで、

ずーーーーーっと、彼女たちから

私たちはどんな風に

見えているのだろうと考えてきたけど、

なんだか、

ほんの少し想像できた気がした。


だから、

教育ってとても大切なのだ。



ゴミ箱で見てしまったもの。


暑い。

暑い暑い暑いミラノ。

沿岸エリアと比べて湿度も高く、

夜もなかなか気温が下がらない。

それでも今年もエアコン使わずに乗り切れるかも。

文明への抵抗みたいでアホくさいけど(苦笑)


さて、イタリアは、環境先進国のヨーロッパらしく

ゴミの分別は日本より進んでいる。


ざっくり、堆肥になる生ゴミ(アイスの棒など土に還る系全般)、

プラスティックと缶やアルミ、

瓶類、紙類、そしてその他分別不能類。

この土に還る系のゴミを入れる袋も

厳しく決まっている。

パラッツォ(マンション)で集約したものを

ごみ収集車が回収していくのだが、

定期的に抜き打ち検査があって、

正しく分別できていないパラッツォは罰金を払う。


私は前にも書いたかもしれないが、

この手の意識は怠らないようにしている。

20年後にホウキ片手にゴミ集積所で

チェックしてるオバハンになるかもと

危惧しているくらい。


この、パラッツォのゴミ捨て場に日々捨てに

行くわけだが、

紙類のゴミ箱を開けた時に、

ショックな物を見てしまった。



それは、

使用済みナプキン。

それも広げたまま。。。


紙オムツや生理用品は分別不能ゴミ。

捨てる所を間違えているだけでなく、

なんというか、広げたままって…

しかも山盛りの紙ゴミの一番上に。


日本でも、公共のトイレを使うと、

稀に世の中にはこの手の感覚の持ち主がいる

ということを認識させられることはある。


でも、それをトイレの、

しかも女性トイレで見てしまうのと

この家に住んでる人が全員開け閉めする

ゴミ箱で見てしまうのとはショックが違った。


ここ最近、生ゴミの方にも

プラスティックが捨てられてたりと

ゴミのルールが理解できていな人が引っ越してきた様子。

それはイタリア人ではない。


自分だと思われたらやだな…ということが気がかりなのと、

彼女に教えてあげるべきか

自分のお節介ばばーな狭間でモヤモヤしている。




イタリアの事故処理

イタリアで事故に遭ったら、

負傷者がいる場合といない場合とで異なる。

負傷者がいる場合は112に電話する。

イタリアには3種類警察があるけれど、

とりあえず112(らしい)警察と救急車両方呼べる。

 

負傷者がいない場合は警察を呼ばず、

友好的解決方法とでも言うべきか、

CAI denuncia di sinistroという書類の記入と保険会社の仲裁で済ます。

この書類は車内に保管しておくべき書類と一緒になっている。

 

このCAIを双方の保険会社へ連絡し、

合意できたら車の修理が始まる。

今は合意待ち。

 

オンラインの保険の場合、

電話経由での申請、メールで申請、

そして提携している修理工場を経由しても申請できる。

ということを今日知った。

 

私は車のトラブルの度に

この国における自分の弱者っぷりを痛感する。

 

車に乗るならば、

最低限この書類の単語は日本語訳しておかなければいけなかった。

書類の記入も詰めが甘かった。

念には念を。

やり過ぎというくらい細部も詰める。

 

 

本当に反省だらけ。。。

でも経験値は少し積みあがっただろうか。

こうやって絶対に謝らないイタリア人みたいな気質になるのかも(苦笑)

 

今回の相手は不幸中の幸い、好青年だったけど

Scusiは最後まで言わず、Grazieだけだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

イタリアの事故処理…の前に。

ブログを更新しなかった間に

ミラノに夏がやってきた。

まるで春がなかったかのような突然の暑さ。

日本も異常な暑さだったりするようだけど、

毎年異常、異常だと言い続け、

異常が続けばそれが正常なのじゃないかと思っている。

 

そんな間に事故にあった。

ふつうに生きているだけなのに、

災難に巻き込まれるのだなと改めて思った。

 

大きな交差点で、青信号で右折待ちしていた。

直進は赤信号なのに私の前のトラックは交差点を直進していった。

そして途中で赤信号に気づいて、なんと後ろを見ずにバックしてきた。

私の車めがけて。

 

比較的ゆっくりバックしてきたから

車の前が潰れただけで済んだけど、

なんというか、

青信号側の車からクラクション鳴らされまくっているから、

私がクラクション鳴らしても気づかない。

私の後ろにも後続車はあったし、

本当にどうしようもなかった。

 

生きてた。

これに尽きる。

 

突然自分の身に降りかかった災難に、 

日本で続く子どもを巻き込んだ事故のことを改めて思う。

運が悪いとしか言いようのないことなのかもしれないけれど、

運が悪いだけで自分の子どもを亡くすだなんて、

私には到底受け入れられない。

 

日本もまじめに子どもの送迎を考えた方がいい。

面倒とか過保護だとかそんなことどうでもいい。

自分より大切な命を守れるのであれば私は守る。

 

川崎のあの事件も、

きっとあの亡くなった保護者がいなかったら

子どもたちの被害は多かったのではないかと想像する。

 

事故処理方法にたどり着く前に、長くなったので次回へ。

色と男と女。

5月23日晴れ。

 

今年は変な天気続きのミラノ。

1年で一番快適に陽も長く過ごせるはずの今、

特に週末は雨ばかり。

コートもクリーニングに出せないなぁ。。。

着込み癖がついた矢先、

突然暑くなりだして身体も服も追いつかない。

 

こちらの言い伝えで1月末がうーーんと寒いと

春の訪れは早く、長いとここにも書いたけれど、

 

miaamica.hatenablog.com

 

蓋を開けてみれば、

「・・・(嘘だった?)」という感じ。

 

タイトルの話ですが、

そしてこんなことをブログに書いていいのか分かりませんが、

2月くらいに観たボヘミアンラプソディ以降、

私の中でとても同性愛が気になっている。

今、日本でも話題になっている「きのうなに食べた?」も

大好きで、毎週心待ちにしている。

 

私がボヘミアンラプソディを観てからというもの、

子どももクィーンが大好きになってしまい、

映画を観たい、観たい、観たい、観たい、観たい、

ものすごく観たい!!!

 

私としても曲を作るシーンなどは特に見せてあげたい反面、

見せたくないなぁ、どう説明しようかなぁと思っているシーンもあり。

 

という話をママ友としていたところ

同性愛、トランスジェンダー、服の色の話に。

 

イタリアに来て意外だったことの一つ、

子供服の色。

 

さぞ、イタリアはオシャレで色彩も豊かだろうと思いきや、

男児は白、黒、青、緑、紺、グレー

たまにベージュや赤、黄色という感じで、

日本の方がずーーーっとカラフルでデザインも豊か。

一方、女の子の服は色の制限なく超かわいい。

 

 

という感じで、ピンクを着ている男の子って、まず見たことがない。

中には、おもちゃなど子どもが手にするものから

徹底的にピンクなど女の子の色を排除する親もいるそうで。

 

これはよく言われる、

ここイタリアはバチカンもあり、

カトリックの国だからかなーと

思っていたのだけれど、

イタリア語は単語が性別を持っているのが

大きな理由でもあるという話になった。

 

とても興味深い。

 

言葉に性別のない国からやってきた私を

未だに苦しめる、女性名詞・男性名詞たち。

 

「友達と出かける」

「I go out with one of  my friends」

「Vado con il mio amico(男友達)/la mia amica(女友達)」

てな感じで、

思春期も出かける人の性別を隠すのは難しいこの国。

 

だから、色も男の子の色、女の子の色、

常に区別されてきているわけで、

女の子の色を男の子が身に着けるのは

言語からの感覚的にも難しいのであろう。

 

東京にいると色々な人が集まるからなのか、

同性愛の人たち、いやそれ以上に女装している男性を

割とよく見かけていたから、

私は、親に教えられる云々よりも

あーこういう人もいるんだなぁと思った世代。

 

ミラノに来てから一度だけ明らかに女装していた

男性を見たことがあり、

一度だけ手をつなぐ男性カップルを見た。

この4年で一度。

 

日本よりも人種的には豊富なこの国も、

ジェンダーに関しては日本よりも後進的なんだなぁと

いうのが私の肌感覚。

 

だから、ボヘミアンラプソディを映画館、

いや、高齢者の多い劇場施設で観たときに感じた違和感は

当然だったのかもしれない。

 

 

 

 

日本人と中国人と韓国人。

5月7日晴れときどき曇り。

 

日差しが出れば暑く、初夏を感じるのに

あっという間に寒くなるミラノ。

まだまだ上着は手放せない。

 

昨日Barの店員に「韓国人?」と聞かれた。

「初めて韓国人て聞かれたよ。基本的に中国人か聞かれるから。」

と答えたら、

「中国人とは肌が違う」と言われた。

決め手は肌か…。

 

少数を除き、

イタリア人はこの国に住むアジア人は

みんな中国人だと思っていると思う。

と言っても過言ではなかろう。

 

私たちにとって、この三か国は

なんとなく判別できる。

服装、色使い、化粧などなど。

 

中国の若い子は韓国モデルがお手本らしいので

なるほど、若い子は分かりにくい。

 

イタリア人でも数多くアジア人を見ている人は

すぐに分かるらしいので、

経験値が必要なのだろう。

 

イタリアで差別はないと書いている

在住者ブログを読んだことがあるけれど、

私は全然あると感じている。

 

日本人に対してではなく、

アジア人を全て中国人に括った上でだ。

 

例えば、

私が中国人という前提で話をされて、

「いや…日本人なんだけど…」と言うと

必要以上に謝られる。

 

私が車でイタリア人とトラブった話を友人にしたら

「まず、自分は中国人じゃなくて日本人だと言え」と

アドバイスされた。

 

物乞いは「チャオ、中国人、ニーハオ!」と

声をかける。

私は、中国人じゃないし。で終わりだけど

中国人はどんな気持ちなのだろうかといつも思う。

 

好意的に見ていないことは

直接聞かずともイヤというほど感じている。

そして私たちもその括りに入っている。

 

一番強烈だったのは、フランスの地方都市で

中高生くらいの男の子たちに、

「中国人だぜ!」と笑って通り過ぎられたことだ。

 

この経験+パリ在住の人の話を聞く限り、

ミラノよりも酷い。

 

では、日本ではどうなのか?

一時期、日本の飲食店で中国や韓国からの観光客に

ワサビを大量に盛った話があったけど

十分あり得る話だなと思った。

 

自分がマジョリティである世界と

マイノリティである世界は見え方が全く違う。